スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心斎橋2日目

さて、心斎橋2日目です。相変わらず順番バラバラです。
MCで健さんが仰ってたのですが、前日ライブ後、焼肉を食べに行った後ホテルに戻った二人は、戻るなりあっという間に眠りについてしまったそうです。でしょうね~。睡眠不足とライブ疲れと満腹感と(笑)。夜中一時くらいに目が醒めるまで熟睡していたとのことですが、よく眠ったせいか、この日のノリは前日と明らかに違いました。後から思えば、1日目は2人の息というか波長も、あんまり合っていなかったような気がします(いつもに比べると、ですが)。2日目は見違えるほどで、やっぱり昨日は調子が悪かったんだ、と実感……。また、前日気になっていた外の雑音も、この日はあまり気になりませんでした。日曜の夜で、お客さんの出入りが少なかったからかも知れないし、そんなこと気にならないくらい、ライブが良かったのかも知れない。
特に印象深かったのは、幌馬車TENPO~トラベリングバスの辺りの大さんが、めちゃくちゃ楽しそうで踊り出しそうな(既にステップ踏んでたかも?!)、そんな雰囲気で、こちらまで笑顔になってしまいました。恒例になりつつある、トラベリングバスの♪うぉおお♪うぉおお、の合唱ですが、「KDファン最近リズム感が良くなって来た」って大さんからお褒めの言葉がありました(笑)。
ライブは「EARTH」の曲が中心でしたが、2月2日の渋谷から続くEARTHリリースライブの特徴か、今はあまり歌われていない曲を織り込んでいるんですが、「ビルの谷間で」の次に「さりげない草原の匂いを……」が続くのは、「さりげない~」の歌詞に♪残したいのは高いビルじゃなく♪という部分があるから、対比させたのでしょうか。「さりげない~」が収録されているSUNNY SIDEは、ハマりたての頃(ってまだ一年も経ってないんですけど)、毎朝繰り返し聞いていました。曲数のせいかコンパクトなイメージがあるんですが、一枚まるまる、無駄なところや足りないところもない、きらきらした球体みたいな雰囲気を持つアルバムで、逆に今の彼らの持つ力強さがまだ前面に出て来る前の時代のような気がして、もしかしてもうあまりライブではやらないかもしれないと思ってたんですよね。「名もない花」のような歌を除いて。なので、渋谷で聞いたときは驚きと嬉しさが入り混じって、咄嗟にタイトルが浮かびませんでした(笑) 。

トンコリタ~イムでは、同じ日の昼に、新風館で演奏したときの話が出ました。演奏中(本番中)に調子が悪くなってチューニングをした話……。私も見ていて、健さんのショッカートンコリの音が合わないので緊張してしまいました。健さんが困っているというか、必死に宥めているのがわかって。言うことを聞かない子をあやしているって感じでハラハラしました。客席に背を向けて、耳にトンコリを当ててみるものの、なかなか上手く行かない様子で。しかし、心斎橋へ向かう電車の中で直して(!)(これ聞き間違いかもしれませんが、電車の中で出して直したんですかね。電車の中で直してるところ見たい……笑)、なんとか戻したとのことでしたが、心斎橋でもトンコリ2曲目のetunankaraでまたも調子が……。音がハウリングしてしまい、健さんが演奏しながら「ほんと機嫌悪いです(苦笑)」。大さんは「リハと同じレベルでやってるのに不思議です」って。生きてるんじゃないかな、と言っていました。
トンコリは言葉をもらえる楽器で、弾いていると歌詞も浮かんだりする、とのことでしたが、アルファ波がかなり出ているような気がします。言葉は外から貰うものではなく、自分の内側から探り出して来るものだと私は思っているのですが、そういった、内省世界に連れて行ってくれる力をトンコリは持っているのでしょう。
2人は今、ネットで角材を販売しているサイトを調べたりしていて、トンコリの自作にチャレンジしたいそうです。実際は、なかなかいい角材がみつからないみたいですが、それでも部品になりそうなものを探して、一部分を直したり(メンテナンス?)はしているとのことでした。

それからアンコール前の最後に、「僕の星にあなたの月に」と「マクナレラ」をメドレーで歌うんですが、アレンジが結構アップテンポになっていて、前者はCDとはかなり違った雰囲気になって楽しめました。ここからマクナレラに続くその繋ぎが結構好きなんです。マクナレラ、は、私はカレー屋さんライブが初聞きだったのですが、あのときは確か日本語の歌詞もついていたと思うので(おそらくオリジナル曲がそうなのかな)、そのVer.もまた歌って欲しいなぁと思っております。

2日目は初KDの友人(1日目もだけど)を連れて行きました。お家の事情で2月の渋谷に一緒に行く予定がダメになってしまった友人だったので、念願叶って大喜びでしたよ、私ともども。彼女はKKDのバナナホールに一緒に行った人なのですが、「KKDとKDって全然違うでしょ~?」という話をしていました。KKDのような音楽を1人抜けて2人でやってるだけって思ってる人がいたら、ちょっと損してるかもしれない……とか思ったりしている今日このごろです。あれはあれでいいと思うんですけど。根本的な部分で、同じ人が作っている空気は感じるんですが、そこから広がる世界観が、まったく違うように思うので。

そんな感じで二日間、濃い二日間が終わりました。次は3月に健さんがゲスト出演するライブがありますけど、KDとしては、しばらく発表になってないんですよね~。2人とも舞台に立つっていうのもあるけど、ちょっと淋しいです。健さんの方は大阪2日目の翌日から、既に舞台稽古に入っているみたいで、まだ余韻を引きずってる身からしたらほええと感心しております。

と云うわけで、大阪レポ終わり~。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。