スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イナンクル

2月2日のライブ感想をほったらかしのまま、いつの間にか3月になってしまいました~。で、もちろん(もちろん?!)行って来ました大阪2days & 京都ライブ。しかし3月と云っても、両日とも非常に寒かったです。雪は流石に降りませんでしたが(と思っていたら今日ちょっと降ったし……)。

1日目は付き合い10年以上になる腐れ縁の友人を2人伴って行きました。誘ったら、案外あっさり来てくれてちょっとびっくり。でも嬉しかったです。
会場はカラオケ屋さん……の、ちょっとだけ高級(ってほどでもないんだけど)なお店で、パーティールームがあったり結婚式が挙げられたりするような店舗でした。更に食事が付いて来るってことで、友人たちはかなり謎だったようです。行きの電車の中で「バイキング形式?」って聞かれたときにはひっくり返りそうになりました。どんなライブやねん!(笑) 食べるのに必死になる我らに、「俺たちの歌を聴けっ!」と怒り出す健さんを、健さんも大さんもまだわかってない友人たちと想像して大爆笑……。で、ライブ会場に着いて、テーブルが並んでいる席に座ったら、「要するにディナーショーみたいなもんやな?」。……う、うん、そうかもしれない……。今度は、歌いながらテーブルの間を縫ってお客さんと握手してゆくKDを想像してしまい、ひとり微妙な気持ちになるわたくしでした。

まぁいいとして、会場と同時にベーグルサンドを食べながらおしゃべりしていた私たちの横には簾みたいな暖簾みたいな(一緒か・笑)仕切りがあって、その向こう側にエレベーターが見えていたのです。ここをスタッフの方が何度か行き来するのを見ていたため、勝手に行ってはだめな(楽屋的な)場所だと思っていたら、トイレがそっちにあって、皆普通に行き来していると友人に言われ、行ってみたらホントにトイレがあった……。おまけに2日目の開演前には、通りすがりにトイレへの通路の横にある階段で携帯か何かを確認している健さんの後姿を目撃し……。更に更にKDがステージ(ないけど)に出たり引っ込んだりする場所がその簾みたいな暖簾みたいなのがあるところだった……。更に、開演ぎりぎりに来た方がどこから入っていいかわからず、チケットを持ってその辺りに佇んでられた……。まぁそんな、アバウトでお気楽な場所でした(酷いまとめ方・笑)。
しかし、このアバウトな感じが後々ネックになるのですよ……。

で、はじまりましたKDライブin心斎橋初日わーぱちぱちぱち。
相変わらずですが、印象的だったところをかいつまんで記述させて下さい。
まず! 心の中で「!!!」だったのは、健さんの「2人とも昨夜、一睡もしてません」。なにー! てっきり前日夜もKKD作業を続けていたのかと思っていたのですが、当たらずも遠からず、で、ここのところずっとKKD作業で真夜中ずっと起きている日々が続いたため、ライブ当日の朝の新幹線に間に合わせるために2時に眠ろうとしたものの、一睡も出来ずということだったそうです……。右に左に寝返りを打って何とか眠ろうとしているうちに6時になり、PA関根さんから電話があった、と。「そろそろ時間だよー」「はい起きてます」みたいな状態だったようです。心なしか……健さんの顔が白かったような気がしたんですが、友人は「あれは元々色白」って。あんたどっちが健さんで大さんかもわかってないくせに!(笑)でも、以前、月の姿DIARYで健さん誕生日のときにお母様が、「色白で可愛い子だった」というようなことを書かれていたのを思い出して、やっぱり元からか……と思いつつ、翌日と比べるとやはり、表情がちょっとぼんやりしていたようにも見えました。大さんも。大さんも眠そうに見えたんですよ。「ぜんぜん眠くない」って仰ってましたが……。
そんなKDさんたち……。その事実を知って心配した私の予感が当たったのか、それともそれには関係ないのか、大さんが「ビルの谷間で」で歌詞大間違い! 客席からくすくす笑いが~(笑)。その後も、一曲終わるまでな~んか微妙な感じで、健さんが大さんに咄嗟に合わせたように聞こえる部分もあったんですよね。ちらっと何度も大さんを見ていたような気がします。
でね……。この日のライブは個人的には申し訳ないんですが少し残念な印象があって、先ほども書きましたが、エレベーターが会場のすぐ脇にあり、しかもまともな仕切りがないため、エレベーターの音が演奏を邪魔するんです。しかも、妙な音のするエレベーターでして。シンセの音ってライブ中に大さんが言ってました。チュイーンって云うシンセに続いて何か聞こえるんですが、それがまるでジングルみたいな音で、エレベーターが開くたびにするんです。これが非常に耳障りでした。しっかっもっ、通りすがりの人のがやがや声や足音までもが! おまけに、私の位置が悪いのか何なのか、いつもに比べて音の広がりが少ない……。先日配信されたair Be-Palメルマガにあったように、静かな癒し系音楽を聴かせてくれそうな予感を漂わせといてドラムの音がどこどこ身体に響いて来る、その落差が好きなのに、あんまり……全体的に迫力がない。友人の一人は身体に響くほどの音が苦手な人だったので、嫌がるかもしれないと正直心配していたのですが、それについては特に何も言ってなかったです。うーむ、ちょっと肩透かし。イメージとしては、スイートJAMの感じに似てました。生音なのでさすがにあれよりは良いんですけれども。やっぱり、場所がちょっと……なのかな、と思ってしまいました。
更に今回のライブが始まる前にステージを見ていて、トンコリちゃんが少ないことに気が付きまして。健さんのは2本ともあるけど、大さんのが1本しかない。大さんの新人トンコリちゃんがいない。で、地球岬は健さんのショッカートンコリと大さんの1本目のトンコリ(名前ないのかな。呼びにくい)で。健さん、曲が終わった頃だったかなー、大さんに向けて「だからもう一本持ってくればよかったのに!」。あー、持って来るのが大変だったから、置いてけぼりだったのでしょうか。3本だと印象がなんだか、アンバランスなんですよね。

何か愚痴みたいになっちゃった。そんなわけで、初日は個人的にはあんまりのめり込めなかったです。彼らのライブは、椅子に沈み込んでだんだん姿勢が悪くなって行って、頭の中が真っ白になるのですが、そんなトランス状態も、この日は半分くらいだったかなーと。
しかしそれでも、初心者ファンの私はライブでは初体験となったPLANTが聴けたり、大大大好きなRainbow~風歌の境目のないメドレーが最後の最後にやって来たり、春!って感じのPaikarが聞けたり、嬉しいこともやっぱり沢山あったライブでした。
去年のPaikarライブのフライヤー、私はまだファンじゃなかったのですが、ヘドウィグ初演の初日に貰って、すっごく印象深くて今でも大切に持っています。初日に隣に座っていた女性2人組みのうちの一人の方が、どうやらKDファンの方だったらしく、ステージにバンドが出てきたときに、フライヤーを持って隣の人にステージ上の大さんを指差して説明していました。私はその様子を隣でニコニコした気分で意識していて、そんなことも未だに妙にはっきりと覚えています。そのときは自分がファンになるとは思っていなかったけど、今から思うとその光景が鮮明に残っていることに不思議なものを感じてしまいます。

話が逸れましたが、更に逸れまして(笑)。

Paikarの歌詞に使われているアイヌ語、「イナンクル」にはとても懐かしい思い出が。高校の修学旅行で訪れた北海道で、アイヌ民族博物館(しらおいポロトコタン)へ行ったときに教えてもらったアイヌの歌にも使われていました(♪ピ~リカ ピリカ イナンクル ピリカ~っていうかなり有名な歌なので、ご存知の方多いですよねきっと)。最近、その歌がずっと頭にあって、ちゃんと意味を調べようと思っていた矢先に彼らからこの言葉が出て、その妙な偶然にまた驚きつつ嬉しい気持ちになりました。北海道に修学旅行に行った当時のクラスは、妙に醒めていて仲も良くなくて、私は最後まで馴染めなかったし、修学旅行でもみんな何を見ても「けっ」て感じで下手するとずっとバスで寝てる人もいたくらいだったのに、何故かそのアイヌの歌だけはクラス中が覚えて、帰ってきてからも教室で口ずさんでいる人がいたりして、そういう意味で、ちょっと不思議な歌でした。そんな歌と同じイナンクルという言葉が使われている「Paikar」。ほんとに、春!って感じの楽しくて可愛い、ずっと忘れられそうにない歌でした。

そういえばMCで阪神ネタが、かなりたくさんありました。何で阪神ファンになったのか不思議だったんですよね~。お祖父さんのクマタローさんが阪神選手と戦友で、2人は生まれたときから半ば強制的にファンにさせられたそうで、数年前の星野監督のときの優勝の際は、大さんは阪神グッズを通販で買いまくったとか(あれ、これは2日目のMCだったかも)。で、大さんにも健さんにも、前日お母様から「阪神の話しなさいよっ!」ってそれぞれお電話があったそうです(笑)。野球にはまったく興味ないんですが、今年から阪神応援しようかと思ってしまいました……(笑)。

そんなこんな感じで、この日は心の中でお2人に「今日はたくさん寝てくださいね」と呟きながら会場を後にしたのでした……。

終わってからは友人にしつこいくらい何度も「だーかーらー! ドラムが健さんでギターが大さんだとゆーとろーが!」と突っ込み入れまくりながらお茶してました。
「二人の並びを思い出せ! 左から健さん大さんで名前もK.D earthだから」
「あー、それでわかった、左からKさんDさんで一番右にいた人はアースか!」
「そうだ!」
とか云うアホ会話をですね……、延々と続けていて非常に楽しかったです。

2日目はまた後ほど~。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。