スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅とか、その他諸々とりとめもなく。

時間の進み方がいつもと全然違うような気がしました、この土日。10日に東京駅のBreakStationLiveに、11日には渋谷BOXXでetunankaraライブに参加して来ました。11日のライブ後に、結局家には帰らずそのまま東京でもう一泊し、翌日朝イチの新幹線で出勤したせいか、ずっと長い間異世界にいたような感覚です。職場で思わず「私が休んでいた間に何かありましたか?」と聞きそうになった。実際は有給を取ってはいないのですが。それくらい、KDワールドにどっぷり浸かっていたようです。そしてまだ、抜け切れていません。いっそのこと、一生こんな、ゆらゆららな感じでいいかも。


二日間のライブはどっちも、二人とも笑顔でいっぱいでした。東京駅ライブでは、それまで見てきた無料ライブと雰囲気が違い、かなりリラックスした様子で、初めての場所じゃないからかなと思ったのですが(後からよく考えたら、9月のカレッタも初めてじゃないな)、翌日の大本命に向けて、二人とも気持ちがすっ飛んでいたのかもしれない。
何度も曲の合間に二人で目を見合わせてにかーっと笑っていたのが見ていて嬉しかったですねー。あと、面白かったのが、MCで告知をした大くんが、告知の最後に吹き出したこと。何だか話している間に段々自分の中で何かが面白くなって行ったらしく、最後に吹き出して後ろのトンコリを(取ったのか置いたのか忘れましたが、取ったんだったかな)笑いながら振り返ってました。いつも通り(?)大さんに健さんが突っ込みを入れるというパターンでしたが、二人とも凄く楽しそうでしたよ。この日、二人を初めて見た人はとってもラッキーだったかもしれません。というのは、私が「仲良し」にとっても弱いからそう思うのかも。
最近、やまもとこーじ関連のおともらちから、「どうしていきなりKDにハマったの?」と不思議がられて、自分でも理由がわからなくて、ハマって行った過程を考えていたところ、(細かい経緯は省きますが)最初は歌よりも二人の会話とか雰囲気とか、とにかく楽しそうで仲が良いところに魅かれたんだと気付きました。元から、グループとか、ドラマでも群像劇とかに弱いんです(「新選組!」にももちろんハマっていました)。そして、とにかくライブに行ってみないことには! と思って、7月のK.D source Summit2に行ったのです。「まだハマるかわかんないもん」、なんて思いながら行った最初のライブがFC限定ライブってのもおかしな話なんですが、それがとにかく楽しくてねー。それ以来、更に深みに嵌っている状態です。今年の春の苫小牧のKKDライブで、20周年記念CDの「K.D earth」は購入していたのですが、やっぱりライブに行って良かったと思いました……。
話が逸れましたが、東京駅ライブ。30分のライブなので5曲か6曲を歌いました。人も沢山集まっていました。面白かったのが、リハ中に3~4人くらいの女性が、フライヤーを置いてある台(レストランの前にあるメニューを置く台みたいなやつ)に寄って来て、フライヤーに掲載されているトンコリを見て、「見て見て! 面白いのがある!」と叫ばれて(笑)。民族楽器に興味のある人たちだったのかも。他にも、年配の男性や、幅広い層の方たちが足を止めていました。

スポンサーサイト

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。