スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤禎央さん「O mindscape<<4」Shibuya O-EAST

健さんゲスト出演のライブ(コンサート?)へ行って参りました。ソロ仕事を拝見させていただくのは、昨年の大さん御出演のヘドウィグ・アンド・アングリーインチ以来……か?
会場は、ごくごく普通のOLさんといった風情の方を中心に、かなり年齢層も広く、男性のお姿もちらほら……。というか、男性の2人組みが結構いらっしゃっててちょっとびっくりです。男性アーのステージを見に来るのは、たいてい女性で、男性はそのお供というのが多いので。関係者でもなく、どういった経緯で安藤さんを知られたのか興味深いわ。終了後に「ファンは自分がエレクトーンをやってる人も多いのだろう」という話が仲間内で出たので、もしかしてエレクトーンを演奏する男性が結構世にはいるということなのか。良いことです。野郎が鍵盤に向かう姿はたいへん絵になります。
それは置いといて、のっけから一体どんなスペクタクルなショーが始まるんか! というライティングで、華やかな雰囲気で始まり、終始、きらきらしたステージでしたね。エレクトーンというと、「おはよう朝日です」を思い出してしまうバリバリ関西人のわたくし(笑)。「おはよう朝日です」のエレクトーンのお姉さんに憧れたなぁ。子供の頃に、色んな音が出るエレクトーン!ってことで結構話題になって、買って貰ったなぁそういえば。貧乏なので、習わしてはもらえなかった上に、独学という言葉を知らなかったので、明星のソングブック(笑)を見てヒット曲を片手で(……)弾くに留まりましたけれども。どうでもいいけどトランペットもちょっとだけやった。ドレミファソラシドくらいなら覚えてるわ……。齧っては辞めていくそんな人生です(笑)。
まぁそんなことはよくって、そうそうエレクトーンって色んな音が出るんだったわ! という素人丸出しのことを思いながら聞いていたんですが、安藤禎央さんの音っていうのは、ご本人の風貌通りの、親しみやすい、文字通り王子様的な音でしたね。あと、健さんがステージの終盤近くに「言葉をもらえる」だったかなぁ……、あまり覚えてないんですが、そういうことを言っていたのですが、確かに、物語性を感じる曲ばかりでした。言葉というより、私にとっては物語性かな。場面が浮かぶような音楽です。タイトルが面白くてですね……(笑)。非常にタイトルが短いんです。単語ひとこと。と、思ったんですが、新譜の収録曲のリストを見てると、そうでもなかったわ。もしかしてステージ上で勝手に略してたのか? そんなこと普通しないと思うので、思い違いかな。まぁいいや。とにかく表現されるすべてのもの、たとえば小説とか音楽とか漫画とか絵とか、更に突っ込んでスポーツなども、とにかく人によって示される表現物ってのは当然それぞれ表現方法が違っていて、文字だったり音だったり絵だったり肉体だったり、それらの融合や総合だったりするわけですが、どんな方法を使っていようとその中に、必ず文学が存在しているような気が、ここのところずーっとしています。だから、無能な私は文字で示される文学しかよくわかんないため、健さんの中にある文学性に惚れてKDファンをやっているわけですが、私にとって未知の領域である音楽にも、それ特有の言語が存在していて、それで語られる文学がメロディなんだろうな、と、わからないながら思っていたのです。ちょうどこのステージの前日に(笑)。そんな御託を先に述べてみましたが、昨日聞いた安藤さんの音楽には、彼の中に存在する文学が色濃く投影されているように思いました。申し訳ないけれど、昨日聞いた音楽の中にあまり壮大なイメージはなくって、近所の公園で子供が遊んでいるような、平和な街中を、平和であるということに意義を感じて歩いている安藤さんの視線を感じるような音楽でした。KDファンの中で、彼のあだ名は「王子」だそうです。きっと彼が王子様だったら、小さな王国で、民の幸せを第一に考えて、ときどきちょっとあわあわするけれど、民もちょっと呆れて大丈夫?って言っちゃったりするけれど、最終的にはみんな笑顔になって、そしてそれを見て一緒に笑っているような、そんな可愛い王子様だろうなぁという気がします。文学性とか言ってるけど、難しいことは本当によくわかんないんですが、以前から言っているような、その人の視線を感じる、その人が本当に見て聞いて肌で感じたものを表現していると思えるもの、というのがその文学性の正体のように思っています。
そんな人が、健さんとどういった経緯で仕事をすることになったのかわからないのですが(調べればいんだけど、すんません……時間が……)、やっぱり風貌も音楽もぜんぜん違うように思える人たちが繋がるには、どこかに共通項があるのだなぁと思いました。


……で、肝心の健さんですが(笑)、一階席の後ろの方の席でしたが、上手い具合に真正面でね! 上手い具合に、前の人の頭に隠れて何も見えない……。泣きます。おかげでヘンな姿勢で見ることになり、腰が痛かった(笑)。後ろと隣の人に心の中で「すんませんすんません」と思いながら、身体を右に傾けたり左に傾けたり(笑)。ほんまにすんません……。おとなしめライブで近くになりたくない奴ナンバーワンみたいな感じでした。健さんは前髪を上げていたのですが、それが始まって早々落ちてきて、なんかリズムに合わせてぴょこぴょこしていました。基本、ボンゴ(梵語って出たわ)(ちょっと面白いな)とカホンで、あとタンバリンをぺったんこにしたみたいなやつと、西洋版の鼓みたいなやつ(笑)(ジャンベみたいっておともらちが言っていた)で、陽だまりミュージックの中のちょっとしたアクセントになっていました。

ドラムの方が、演奏している姿だけでも「絶対この人、おもろいにーちゃんやで」と思っていたら、案の定大阪弁だったよ! 恐るべし関西人の血……。絶対「おはよう朝日です」知ってるやろなー。とかいう私も、もう見てないんですけどね、おは朝……。

締めがおは朝になってしまったわ……。


スポンサーサイト

心斎橋2日目

さて、心斎橋2日目です。相変わらず順番バラバラです。
MCで健さんが仰ってたのですが、前日ライブ後、焼肉を食べに行った後ホテルに戻った二人は、戻るなりあっという間に眠りについてしまったそうです。でしょうね~。睡眠不足とライブ疲れと満腹感と(笑)。夜中一時くらいに目が醒めるまで熟睡していたとのことですが、よく眠ったせいか、この日のノリは前日と明らかに違いました。後から思えば、1日目は2人の息というか波長も、あんまり合っていなかったような気がします(いつもに比べると、ですが)。2日目は見違えるほどで、やっぱり昨日は調子が悪かったんだ、と実感……。また、前日気になっていた外の雑音も、この日はあまり気になりませんでした。日曜の夜で、お客さんの出入りが少なかったからかも知れないし、そんなこと気にならないくらい、ライブが良かったのかも知れない。
特に印象深かったのは、幌馬車TENPO~トラベリングバスの辺りの大さんが、めちゃくちゃ楽しそうで踊り出しそうな(既にステップ踏んでたかも?!)、そんな雰囲気で、こちらまで笑顔になってしまいました。恒例になりつつある、トラベリングバスの♪うぉおお♪うぉおお、の合唱ですが、「KDファン最近リズム感が良くなって来た」って大さんからお褒めの言葉がありました(笑)。
ライブは「EARTH」の曲が中心でしたが、2月2日の渋谷から続くEARTHリリースライブの特徴か、今はあまり歌われていない曲を織り込んでいるんですが、「ビルの谷間で」の次に「さりげない草原の匂いを……」が続くのは、「さりげない~」の歌詞に♪残したいのは高いビルじゃなく♪という部分があるから、対比させたのでしょうか。「さりげない~」が収録されているSUNNY SIDEは、ハマりたての頃(ってまだ一年も経ってないんですけど)、毎朝繰り返し聞いていました。曲数のせいかコンパクトなイメージがあるんですが、一枚まるまる、無駄なところや足りないところもない、きらきらした球体みたいな雰囲気を持つアルバムで、逆に今の彼らの持つ力強さがまだ前面に出て来る前の時代のような気がして、もしかしてもうあまりライブではやらないかもしれないと思ってたんですよね。「名もない花」のような歌を除いて。なので、渋谷で聞いたときは驚きと嬉しさが入り混じって、咄嗟にタイトルが浮かびませんでした(笑) 。

トンコリタ~イムでは、同じ日の昼に、新風館で演奏したときの話が出ました。演奏中(本番中)に調子が悪くなってチューニングをした話……。私も見ていて、健さんのショッカートンコリの音が合わないので緊張してしまいました。健さんが困っているというか、必死に宥めているのがわかって。言うことを聞かない子をあやしているって感じでハラハラしました。客席に背を向けて、耳にトンコリを当ててみるものの、なかなか上手く行かない様子で。しかし、心斎橋へ向かう電車の中で直して(!)(これ聞き間違いかもしれませんが、電車の中で出して直したんですかね。電車の中で直してるところ見たい……笑)、なんとか戻したとのことでしたが、心斎橋でもトンコリ2曲目のetunankaraでまたも調子が……。音がハウリングしてしまい、健さんが演奏しながら「ほんと機嫌悪いです(苦笑)」。大さんは「リハと同じレベルでやってるのに不思議です」って。生きてるんじゃないかな、と言っていました。
トンコリは言葉をもらえる楽器で、弾いていると歌詞も浮かんだりする、とのことでしたが、アルファ波がかなり出ているような気がします。言葉は外から貰うものではなく、自分の内側から探り出して来るものだと私は思っているのですが、そういった、内省世界に連れて行ってくれる力をトンコリは持っているのでしょう。
2人は今、ネットで角材を販売しているサイトを調べたりしていて、トンコリの自作にチャレンジしたいそうです。実際は、なかなかいい角材がみつからないみたいですが、それでも部品になりそうなものを探して、一部分を直したり(メンテナンス?)はしているとのことでした。

それからアンコール前の最後に、「僕の星にあなたの月に」と「マクナレラ」をメドレーで歌うんですが、アレンジが結構アップテンポになっていて、前者はCDとはかなり違った雰囲気になって楽しめました。ここからマクナレラに続くその繋ぎが結構好きなんです。マクナレラ、は、私はカレー屋さんライブが初聞きだったのですが、あのときは確か日本語の歌詞もついていたと思うので(おそらくオリジナル曲がそうなのかな)、そのVer.もまた歌って欲しいなぁと思っております。

2日目は初KDの友人(1日目もだけど)を連れて行きました。お家の事情で2月の渋谷に一緒に行く予定がダメになってしまった友人だったので、念願叶って大喜びでしたよ、私ともども。彼女はKKDのバナナホールに一緒に行った人なのですが、「KKDとKDって全然違うでしょ~?」という話をしていました。KKDのような音楽を1人抜けて2人でやってるだけって思ってる人がいたら、ちょっと損してるかもしれない……とか思ったりしている今日このごろです。あれはあれでいいと思うんですけど。根本的な部分で、同じ人が作っている空気は感じるんですが、そこから広がる世界観が、まったく違うように思うので。

そんな感じで二日間、濃い二日間が終わりました。次は3月に健さんがゲスト出演するライブがありますけど、KDとしては、しばらく発表になってないんですよね~。2人とも舞台に立つっていうのもあるけど、ちょっと淋しいです。健さんの方は大阪2日目の翌日から、既に舞台稽古に入っているみたいで、まだ余韻を引きずってる身からしたらほええと感心しております。

と云うわけで、大阪レポ終わり~。


イナンクル

2月2日のライブ感想をほったらかしのまま、いつの間にか3月になってしまいました~。で、もちろん(もちろん?!)行って来ました大阪2days & 京都ライブ。しかし3月と云っても、両日とも非常に寒かったです。雪は流石に降りませんでしたが(と思っていたら今日ちょっと降ったし……)。

1日目は付き合い10年以上になる腐れ縁の友人を2人伴って行きました。誘ったら、案外あっさり来てくれてちょっとびっくり。でも嬉しかったです。
会場はカラオケ屋さん……の、ちょっとだけ高級(ってほどでもないんだけど)なお店で、パーティールームがあったり結婚式が挙げられたりするような店舗でした。更に食事が付いて来るってことで、友人たちはかなり謎だったようです。行きの電車の中で「バイキング形式?」って聞かれたときにはひっくり返りそうになりました。どんなライブやねん!(笑) 食べるのに必死になる我らに、「俺たちの歌を聴けっ!」と怒り出す健さんを、健さんも大さんもまだわかってない友人たちと想像して大爆笑……。で、ライブ会場に着いて、テーブルが並んでいる席に座ったら、「要するにディナーショーみたいなもんやな?」。……う、うん、そうかもしれない……。今度は、歌いながらテーブルの間を縫ってお客さんと握手してゆくKDを想像してしまい、ひとり微妙な気持ちになるわたくしでした。

まぁいいとして、会場と同時にベーグルサンドを食べながらおしゃべりしていた私たちの横には簾みたいな暖簾みたいな(一緒か・笑)仕切りがあって、その向こう側にエレベーターが見えていたのです。ここをスタッフの方が何度か行き来するのを見ていたため、勝手に行ってはだめな(楽屋的な)場所だと思っていたら、トイレがそっちにあって、皆普通に行き来していると友人に言われ、行ってみたらホントにトイレがあった……。おまけに2日目の開演前には、通りすがりにトイレへの通路の横にある階段で携帯か何かを確認している健さんの後姿を目撃し……。更に更にKDがステージ(ないけど)に出たり引っ込んだりする場所がその簾みたいな暖簾みたいなのがあるところだった……。更に、開演ぎりぎりに来た方がどこから入っていいかわからず、チケットを持ってその辺りに佇んでられた……。まぁそんな、アバウトでお気楽な場所でした(酷いまとめ方・笑)。
しかし、このアバウトな感じが後々ネックになるのですよ……。

で、はじまりましたKDライブin心斎橋初日わーぱちぱちぱち。
相変わらずですが、印象的だったところをかいつまんで記述させて下さい。
まず! 心の中で「!!!」だったのは、健さんの「2人とも昨夜、一睡もしてません」。なにー! てっきり前日夜もKKD作業を続けていたのかと思っていたのですが、当たらずも遠からず、で、ここのところずっとKKD作業で真夜中ずっと起きている日々が続いたため、ライブ当日の朝の新幹線に間に合わせるために2時に眠ろうとしたものの、一睡も出来ずということだったそうです……。右に左に寝返りを打って何とか眠ろうとしているうちに6時になり、PA関根さんから電話があった、と。「そろそろ時間だよー」「はい起きてます」みたいな状態だったようです。心なしか……健さんの顔が白かったような気がしたんですが、友人は「あれは元々色白」って。あんたどっちが健さんで大さんかもわかってないくせに!(笑)でも、以前、月の姿DIARYで健さん誕生日のときにお母様が、「色白で可愛い子だった」というようなことを書かれていたのを思い出して、やっぱり元からか……と思いつつ、翌日と比べるとやはり、表情がちょっとぼんやりしていたようにも見えました。大さんも。大さんも眠そうに見えたんですよ。「ぜんぜん眠くない」って仰ってましたが……。
そんなKDさんたち……。その事実を知って心配した私の予感が当たったのか、それともそれには関係ないのか、大さんが「ビルの谷間で」で歌詞大間違い! 客席からくすくす笑いが~(笑)。その後も、一曲終わるまでな~んか微妙な感じで、健さんが大さんに咄嗟に合わせたように聞こえる部分もあったんですよね。ちらっと何度も大さんを見ていたような気がします。
でね……。この日のライブは個人的には申し訳ないんですが少し残念な印象があって、先ほども書きましたが、エレベーターが会場のすぐ脇にあり、しかもまともな仕切りがないため、エレベーターの音が演奏を邪魔するんです。しかも、妙な音のするエレベーターでして。シンセの音ってライブ中に大さんが言ってました。チュイーンって云うシンセに続いて何か聞こえるんですが、それがまるでジングルみたいな音で、エレベーターが開くたびにするんです。これが非常に耳障りでした。しっかっもっ、通りすがりの人のがやがや声や足音までもが! おまけに、私の位置が悪いのか何なのか、いつもに比べて音の広がりが少ない……。先日配信されたair Be-Palメルマガにあったように、静かな癒し系音楽を聴かせてくれそうな予感を漂わせといてドラムの音がどこどこ身体に響いて来る、その落差が好きなのに、あんまり……全体的に迫力がない。友人の一人は身体に響くほどの音が苦手な人だったので、嫌がるかもしれないと正直心配していたのですが、それについては特に何も言ってなかったです。うーむ、ちょっと肩透かし。イメージとしては、スイートJAMの感じに似てました。生音なのでさすがにあれよりは良いんですけれども。やっぱり、場所がちょっと……なのかな、と思ってしまいました。
更に今回のライブが始まる前にステージを見ていて、トンコリちゃんが少ないことに気が付きまして。健さんのは2本ともあるけど、大さんのが1本しかない。大さんの新人トンコリちゃんがいない。で、地球岬は健さんのショッカートンコリと大さんの1本目のトンコリ(名前ないのかな。呼びにくい)で。健さん、曲が終わった頃だったかなー、大さんに向けて「だからもう一本持ってくればよかったのに!」。あー、持って来るのが大変だったから、置いてけぼりだったのでしょうか。3本だと印象がなんだか、アンバランスなんですよね。

何か愚痴みたいになっちゃった。そんなわけで、初日は個人的にはあんまりのめり込めなかったです。彼らのライブは、椅子に沈み込んでだんだん姿勢が悪くなって行って、頭の中が真っ白になるのですが、そんなトランス状態も、この日は半分くらいだったかなーと。
しかしそれでも、初心者ファンの私はライブでは初体験となったPLANTが聴けたり、大大大好きなRainbow~風歌の境目のないメドレーが最後の最後にやって来たり、春!って感じのPaikarが聞けたり、嬉しいこともやっぱり沢山あったライブでした。
去年のPaikarライブのフライヤー、私はまだファンじゃなかったのですが、ヘドウィグ初演の初日に貰って、すっごく印象深くて今でも大切に持っています。初日に隣に座っていた女性2人組みのうちの一人の方が、どうやらKDファンの方だったらしく、ステージにバンドが出てきたときに、フライヤーを持って隣の人にステージ上の大さんを指差して説明していました。私はその様子を隣でニコニコした気分で意識していて、そんなことも未だに妙にはっきりと覚えています。そのときは自分がファンになるとは思っていなかったけど、今から思うとその光景が鮮明に残っていることに不思議なものを感じてしまいます。

話が逸れましたが、更に逸れまして(笑)。

Paikarの歌詞に使われているアイヌ語、「イナンクル」にはとても懐かしい思い出が。高校の修学旅行で訪れた北海道で、アイヌ民族博物館(しらおいポロトコタン)へ行ったときに教えてもらったアイヌの歌にも使われていました(♪ピ~リカ ピリカ イナンクル ピリカ~っていうかなり有名な歌なので、ご存知の方多いですよねきっと)。最近、その歌がずっと頭にあって、ちゃんと意味を調べようと思っていた矢先に彼らからこの言葉が出て、その妙な偶然にまた驚きつつ嬉しい気持ちになりました。北海道に修学旅行に行った当時のクラスは、妙に醒めていて仲も良くなくて、私は最後まで馴染めなかったし、修学旅行でもみんな何を見ても「けっ」て感じで下手するとずっとバスで寝てる人もいたくらいだったのに、何故かそのアイヌの歌だけはクラス中が覚えて、帰ってきてからも教室で口ずさんでいる人がいたりして、そういう意味で、ちょっと不思議な歌でした。そんな歌と同じイナンクルという言葉が使われている「Paikar」。ほんとに、春!って感じの楽しくて可愛い、ずっと忘れられそうにない歌でした。

そういえばMCで阪神ネタが、かなりたくさんありました。何で阪神ファンになったのか不思議だったんですよね~。お祖父さんのクマタローさんが阪神選手と戦友で、2人は生まれたときから半ば強制的にファンにさせられたそうで、数年前の星野監督のときの優勝の際は、大さんは阪神グッズを通販で買いまくったとか(あれ、これは2日目のMCだったかも)。で、大さんにも健さんにも、前日お母様から「阪神の話しなさいよっ!」ってそれぞれお電話があったそうです(笑)。野球にはまったく興味ないんですが、今年から阪神応援しようかと思ってしまいました……(笑)。

そんなこんな感じで、この日は心の中でお2人に「今日はたくさん寝てくださいね」と呟きながら会場を後にしたのでした……。

終わってからは友人にしつこいくらい何度も「だーかーらー! ドラムが健さんでギターが大さんだとゆーとろーが!」と突っ込み入れまくりながらお茶してました。
「二人の並びを思い出せ! 左から健さん大さんで名前もK.D earthだから」
「あー、それでわかった、左からKさんDさんで一番右にいた人はアースか!」
「そうだ!」
とか云うアホ会話をですね……、延々と続けていて非常に楽しかったです。

2日目はまた後ほど~。

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。